Archives
Category
Recommend
Selected Entry
Recent Comment
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
’08石徹白詣
昨日、僕は石徹白に行ってきた。
いろいろとあって、行ける事になったのだ。しかし、夕方には帰ってくる事が前提だった。これは、調整して行かしてくれるようになったのだから、イブニングはしないで早く帰ってくる!!という僕なりのケジメ!!である。

週末が梅雨空ならいつも行く川に決めていたのだが、天気が良すぎたので渇水が目に見えていた。それならいっその事午前中だけと割り切ってでも石徹白へ行こうと思っていたのだ。
同じ渇水なら、万が一でもでかいのが釣れる確率が高いほうが良い。

4時に着くつもりが、草津田上SAに寄った後間違って「新名神」に行ってしまい・・、戻って名神に乗り直したりすると、5時前に着いてしまった。
元来、僕は日曜日の釣りが嫌いだ。次の日が仕事なのに疲れを残してしまうし、この日に釣りに行く人は、まだまだ多いからだ。
スキー場の駐車場を見ると案の定、既に4台停まってる。多いな・・・。
今日はもうスキー場前からの釣りは諦めて、いっきにイノシシ小屋まで下る。
キャンプ場とイノシシ小屋の間にある堰堤から入渓だ。
しかし、寒い。こんなに寒いとはびっくりだ。息が微妙に白い・・・。
魚には、これくらいが良い水温なのか活性は高そうだ。
どうも、ばらしが多いのが気になるが、そこそこ釣れる。平均20cm前後。
そして、あれだけ車があったのに、誰とも会わない。自分のペースで釣り上がれる。心地良い。
キャンプ場下流の橋の下まで釣り上がって来た。
ここは、すれっからしの尺アマゴを橋の上からなんどとなく見る場所だ。
まぁ釣れる事は無いと思いながら、魚道の左側を丹念に攻める。反応無し・・・。
諦めて、右側護岸を攻める。
ちらっとテトラの先で小型のアマゴが見えた。おっ!!やっぱり、いてる!!
絶妙の場所にニンフを流すと、やる気満々のアマゴがニンフに気付き、追っかけるようにフライを銜えるのが見える。どっからどう見ても尺アマゴだ。手ごたえも充分。ただティペットが6Xだったのでちょっと不安だった。
下流に走り出した。すると一転上流へ!!その時、ティペットがテトラの先にひっかかってしまった。あっちゃーって思った瞬間、潜水艦のダッシュは止まらず、プチンってティペットが切れてしまった。あ〜〜〜〜〜。
さらば!!
魚をばらす時ほど自己嫌悪に陥る事は無い。数分落ち込んでいた。気をとり直してもう一度同じ場所を流すと25cmくらいのイワナが釣れた。あまり嬉しくなかった。
(因みにこのイワナ君、簡単にごぼうで抜けました。そうすると先程の尺アマゴは・・。でかい!!)
キャンプ場前に移動して、ゆっくりと釣りあがる。マーカーが変な止まり方をしたので、てっきり十字の溝きりに引っかかったと思い、ぐいっと合わせると釣れていた!!
これも手ごたえ充分!!寄せてくるとスレだと分った。スレだから引きが強いのかと思ったが、いえいえ完璧な尺サイズ。「さっき尺ばらしたのを神様が、可哀そうと思ってスレさせてくれたのだ!!」そう自分に言い聞かせ、スレも釣りだ!!と肯定する。
ロッドが長い分、手繰り寄せるのにかなりロッドを立てていた。もう少しってところでスレで掛かっていたフックが取れてしまった・・・・。目の前を泳ぎ去る尺アマゴ・・・。
さらば!!!
連続で、なんてことだ!!更に傷心気分で、後ろをなにげに振り向くと、小岩のえぐれの所に尺イワナがいた。ヘロヘロって定位してます。
僕との距離2m以内。近すぎる・・・。もう完璧目と目が合ってます。
逃げないので、何回かフライを流しましたが、去って行かれました。
さらば!!

今日は、すごい日でした。数だけならばらしも入れて20は超えてると思います。
この後も泣き尺アマゴを見ました。見ただけですが・・・。
活性の良い日に来れて大変嬉しかった。
けれど、釣れるのはほとんど20cm前後・・。これは、僕の腕なのか25cm前後に成長した魚たちに何かあったのか、悩むところです。
う・うでか・・・・・。

PS:帰りに橋の上から、アマゴを見てみました。橋の上から見てもでっかい尺アマゴが悠々と泳いでいました・・・・。





| ひろぼん | 釣り | 16:51 | comments(2) | trackbacks(0) |
’08 石徹白詣 後編
僕は、ドキドキしながらイノシシ小屋近辺を見てみた。
だ・誰もいない・・・。
4時前だからかな。後からわんさと来られてもかなんしな・・・。

今日、実は問題が二つあった。一つは、イブニング用のヘッドライトがちびどもに壊されていて無いと言う事と、イブニング用のフライを忘れてきたのだ。
どうしようもない。大ばか者だ!!

ここが一杯なら、さっきのティペット切られた所でイブニングを迎えようと思っていた。
けれど、ここが誰もいないなら、ここでいいだろう。
真っ暗になっても、車に帰れる場所を確保した。
時間がなかなか流れない。そして、誰も現れない・・・。はて?
何とか薄暗くなってきた。
ヘッドライト無しでも対応できる場所は確保した。問題は、フライだ。
フライボックスをくまなく探したけれど、なんとか大きさ的にいけそうなのがバッタのフライ。もうやけくそで、足を切り落とした。
形的には、ええ感じに整形できたと思う。

かなり暗くなってきたが、ライズが見当たらない・・・。見える範囲で上下を何度と無く見たが、ライズは見えない。
いっそう暗闇が増してくる。ハッチは一気に爆発した!!
僕の顔の周りは、前が見えないほど乱舞しているが、ライズが・・・・。
計3匹であろう、小型のライズがあるのみだ。
ホッパーを流すが、どうもシェイプが合わないのか大きすぎるのか、アタックもしにこない。こんな事ってあるんだなって思いながら、後何回キャストするか心に決めて、カウントダウンだ。
思いっきり不発だった。イブニングまでは、今までに無く柔軟に釣りを楽しめていたのに最後の最後で、変に頑固になってしまった。
慣れた場所に移動すべきだったか、もっと下流にいって尺上アマゴ狙いのギャンブルに出るべきだったか・・・。

僕くらいの釣行回数ではなかなか経験値が足らず、とっさの判断が鈍るかもしれない。
次の釣行がいつになるか分らないが、また楽しみたいものだ・・。

taroさん、こういう結果でした・・。かたじけない・・・・。

| ひろぼん | 釣り | 13:31 | comments(2) | trackbacks(0) |
’08 石徹白詣 中編
イノシシ小屋の手前の橋に車を止めて、・・・・・。
こっちも一杯です!!絶妙の間隔をあけて、釣り上がっておられます。
僕は、更なる間隔をあけながらキャンプ場とイノシシ小屋の中間くらいにある堰堤より上から再び釣り出した。
この区間は、あまり良い思いをしていないが、とりあえず誰もいないからOKでしょ。
攻め方の問題なのか、この区間は魚が薄いのか、ぱっとしません・・・・。
カーブを曲がると、おやおやまたもや釣り人です。
天気は、ドピーカン。こんなに天気がいいと魚も顔を出してくれません。
独り言の多い僕は、DVD収録中のプロよろしく「こんなに天気が良いと、魚たちは岩陰に潜り込んで、隠れてしまってます。夕方まで待つのが得策ですが、どうしても釣りたい方は、アウトリガーで岩や石の周りを攻めて見てください。」
そんな事を言いながら、二つの大きな石の間にニンフを流していた。
「そうです、こんな感じで結構何度も流してください。」
もう夕方までの時間つぶしに入っていた僕は、そら出ますよ!!とか、もうつぶやきまくり!!「もう、偶然でもええから、出てよ」と本音まで出てきた、その時!!!
ガボっとニンフをくわえ込まれた!!結構でかい!!
僕は興奮して、ウォ〜〜〜〜!!ロック歌手のように叫びながら、下流に逃げようとする岩魚を止めた。
と思ったら、岩魚は大石の下へ・・・。ロッドに伝わる感覚で、まだ岩魚と僕は繋がっている。
角度を代えてみるが、びくともしない。
思いっきり角度を代えてぐっと引いてみたが、その時!!プチっと切れちゃいました。
痛恨です・・・・。無理せずにラインごと手で引きずりだせば良かった。尺ではなかったけれど、なかなかのサイズでした。悔やまれます。

キャンプ場前に移動。ここの深場で、尺釣ったんだよね!!
過去の栄光です。川底に一匹魚が見えました。
僕は、悩まずさらにウェイトのある金玉ブラックコパーワイヤーニンフ#12を付けて何度となく流す。反応ありだ!!手ごたえはあるが25cmくらい。
今回、僕の狙い目は間違っていないと思うのだが、なかなかサイズがでない。
こればかりは、どうしてなのかさっぱりわからない・・。

昨日から、ほとんど一睡もしていないので、車に戻り休憩する事に。
さぁ、イブニングに期待だ!!

| ひろぼん | 釣り | 00:47 | comments(1) | trackbacks(0) |
’08 石徹白詣  前編
昨日、今季初釣行で石徹白に行ってきました。
仕事の都合で休める日を探していたが、まさに昨日がその日だった。
しかし、思い起こせば2年前の石徹白釣行だ。名神の集中工事で大変な目にあったのだ。
今回も、集中工事中です・・・・。もちろんそんなことで釣行は中止にはしません。
いつもよりも早く、かなり早く出た。
(前々から気になっている「ペースカー」がちょっと。あれは、意味があるのか!?思いっきり前がすいてても、ゆっくり走る意味は!?ガソリン代、もったくね!?)
思いのほか道はすいていた。早く着いて一眠りできるかなって思っていた。
しかし、世の中そう巧くいくものではない。岐阜羽島〜一宮で事故通行止め!!
嘘でしょ?どうやって事故るの?集中工事中でしょ?
僕は、泣きながら岐阜羽島で降りた。あぁ、ナビがあってよかった。

石徹白には、4時半くらいに着きました。流石に誰も来てない。
釣りをするには充分明るかったので、ズバッと準備して釣りを始めた。
最近の僕は、ニンフから始める。以前ならどんな状況であってもドライ一辺倒だった。
誰もそうだとは思いますが、数少ない僕の釣り歴で確率だけで言うと、沈めたほうが結果は良い。
だから今日もニンフで対応した。
朝からかなりハッチがある。ユスリカの類が水面の上で群がっている。
ガガンボもかなりの数が飛んでいる。けれどライズは無い。
スキー場から別荘地の上辺りまで、数はかなり出たけれどサイズがほんとんど20cm前後。
僕の大好きな流れが二股に分かれた道路側の流れ。ここで25,6cmのイワナが出たけれどネットに収まるすんでで、お別れしてしまった。

スキー場に戻るとかなり車が増えている。僕の車を入れて5台。
多いな!!って思いながら橋の下を除くと、つがいのように完璧な尺上岩魚が2匹。
めちゃくちゃでかいな・・・。こんなの釣ってみたいとは思ったが、この人数ならスキー場前でのイブニングはかなり無理だろう。
数の違いだ。人数で固められれば、割り込むことなんか出来ない。割り込めたとして、なんでこっちが卑屈に頭下げなければならないか理解できない。
一匹狼!?(豚!!)の僕は、こういうとき何も出来ない。
かといって、僕は釣りは一人で楽しみたいし、上の理由で、そんな心の狭い僕のような人が世の中にいるかもしれないと考えると、釣りは単独に限ると思うので、それはそれでいいのだが・・。
しかし、これだけ多いとイブニングは無理かなぁ・・・。
そう思いながら、人が少ないかもしれないイノシシ小屋へとむかった。


| ひろぼん | 釣り | 12:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
悲しい現実
昨日、今年最後の釣りへ行ってきました。
行き先は石徹白ではなくて、私が今まで通い詰めていた川です。
この川は、放流魚が多くて有名です。天然物が好きな釣り師からは、馬鹿にされたりした事もあります。
しかし、いるところにはヒレピンが存在していて、僕はここに来るたびに綺麗なアマゴと戯れてきました。
以前のホームページでも書いた事がありますが、何度もとことん釣りあがって、魚のいる場所を突き詰めてきました。
そんな思い入れのある川なので、最後の釣行はここと決めていたのです。

結果からいけば、惨敗でした。この季節、ここまで渇水しているのを僕は体験した事がない。もう10年通っていて初めてです。川底は藻が蔓延っています。
夏の渇水よりもひどいかもしれない。
アブラハヤ2匹。どうみてもアマゴだったけど(12cmくらい)ばらしました。
渇水のせいもあるでしょうが、年々釣り荒れを感じていたんです。
ほとんど人が、入ってなかったのに増えている。
僕が、よく車を停めているので「いつも停めてるな、魚おるんちゃうか!?」って思わせてしまってるのだろうか?
自分の腕(技術)をほっておいて、って思われるかもしれませんが、1ポイントに1匹のアマゴ。これを持って帰られては、どうしようもありません。

この川も、今年が最期ですかね・・・。
| ひろぼん | 釣り | 08:42 | comments(2) | trackbacks(0) |
あふれる熱い涙・・
土曜日に書いたブログの通り、僕は釣りの世界へ復活した。
完全かどうかは分らないが、再度竿を持ちなおした。
昨年の石徹白釣行の帰り、釣果も芳しくなく名神も工事渋滞で、家族に凄い迷惑をかけた。
その時に感じた虚無感。家の事情。子供の気持ち・・・。色々考えて釣りを辞めとこうと思った。
僕は、何かに凝りたい症候群だ。釣りへの思いを断ち切るためにいろんな趣味を転々としていった。しかし、どうもしっくりこない。すぐ飽きてしまう。

僕は、一人没頭するのが好きなようだ。何かを密かに楽しむのがすきなんだ。
こういった事は、子供がいる家では中々時間が取れない。

中途半端に帰ってくると、何時帰ってくるかヤキモキするから行く日は、とことん行って来いって言われた。
「なんだ、そういうもんだったのか・・」僕は、思い違いをしていた。

今回、1日どっぷり釣りをした。独り言を言いまくった。
「ここを、こう流せ!!」「さぁ、食え、食うんだ!!」「せやから釣りはおもろいんや・・」「あぁ、しんど」
釣果があったからかもしれないが、楽しかった。
釣りが楽しかった。
実家の近くに流れる用水路で、毎日のように小鮒やザリガニ、トンボ等いろいろ採った。
友達はたくさんいたが、この時間だけは独りだ。独りで黙々と楽しむんだ!!
この感覚だろう。
子供の頃を思い出した。

初めて体験したイブニングで、大興奮。
わくわくしたが、どっぷり暮れた暗闇は怖かった。それもドキドキした。
帰りに、野うさぎを2回見た。可愛かった。

心に流れる曲は、RCサクセションの「あふれる熱い涙」だった・・・。

| ひろぼん | 釣り | 23:50 | comments(2) | trackbacks(0) |
パンドラの箱
たまたま9月の金曜日に休みが取れた。
肉離れも(実際よく分らないが)完治してるようだし、何よりも竿を一旦置いた要因が良い方向に向きかけていて、みんな納得の上、釣りに言ってきても良いという状態になっていた。
だから、台風が来ていても僕は釣りに行きたかった。石徹白に・・・。
天気予報は、微妙だったがとりあえず行く事に。行って大増水の強風で釣りが出来なくて終わっても今シーズンは、それでもいいと思ってました。
到着するとなんとか釣りはできそうだ。流石に誰も着てません。
小雨・雨・曇・風、この繰り返しの中、スキー場の駐車場前から釣りあがります。
今回はドライは無しで、最初からニンフ・金玉付フェザントテール#18でボールマーカーを使用しました。
ぽつぽつではありますが、釣れます。平均25cmくらいが出てくれます。
そんな中、ぐっとくる引きが!!けっこう重い・・・。竿がしなる!!
けど、一生で一度だけ釣った尺に比べると少し軽いな・・・。


なんか、アナゴさん(サザエさんの)みたいな顔・・・・
やはり28cmでした・・・。

久しぶりの釣りで、しかも肉離れ以降、僕の唯一の運動である電車通勤!!も歩けないために車で通っていたので、もうフラフラのくたくた。
出るサイズもなぜがだんだん小さくなってきました・・・。
この時期にしては、どうか分りませんが少し増水気味でちょっと釣り辛いです。
少しの休憩を挟みながら、いつもなら帰っている時間を過ぎました。
僕はいつも朝駆けして昼頃に釣りを終了してしまう。だからフライを始めてかれこれ13年は多分経つと思いますが、イブニングに釣りをしたことはありません。
今日は、体験してみようかな・・・。
人数も少なくて、どこかのポイントは空いてそうだ。
5時・5時半と時間が過ぎていくが、スキー場前に誰も来ないので入りました。
問題は、買ったのに見つからなかったヘッドライトと白系のデカフライが無い事。
春用に巻いた#14のパラシュートフライのみ。
薄暗くなってきた、この時期にしては多いか少ないか分らないが小さなワッカがいくつか出来ている・・。
何気無しにダウンクロスでキャストして流れきったフライにでました。びっくりして合わせたら25cmくらいのイワナでした。

パンドラの箱を開けてしまった気分です。
あれだけ見向きもしなかった昼間の魚達が、釣れるなんてびっくりしました。
一気に夜の帳が、訪れます。
2回目は、あわせ切れ!!逃がした魚は、大きい!?
急いでフライを付け替えます。ん〜〜〜〜暗い。
何故ヘッドライトが、そして白系のデカフライが必要かがわかってきました。
なんとかフライを付け替えて、3回目の合わせで出たのは!!
これまた26cmくらいのイワナ。
あとは何回となくキャスティングしましたが、暗くて見えない。
こうやって初のイブニング体験は、終わりました。
こんな事を今まで体験してなかった自分の馬鹿さ加減と今まで無い興奮と緊張感を味わう事ができました。
次回は、出来れば最高の季節に訪れてイブニングライズを経験してみたいです。
| ひろぼん | 釣り | 09:22 | comments(1) | trackbacks(0) |
おこしやす、佐々里へ!!
春は、もうきているのか?ちょっと遠退いたのか!?最近、非常に寒い・・・。
暖冬の時は、春先に寒戻りが必ずあるらしい。シベリアの寒気団がなかなか暖冬で降りてこれなかったのが、この時期に一気に降りてくるらしい。
『桜』は、この寒さに負けず咲き出している。負けずと言うのは語弊がある。彼らは、今我が家にいるクワガタと同じで積算温度で動いているというからだ。
秋口に一旦仮眠を取る桜は、11月下旬から12月にかけての冷え込みで「おぉ、さむっ!!」と目を覚ますらしい。その日から積算を続け開花に至るらしいのです。
この時期から鳴き出す『鶯』にも面白い話がありました。もちろん後存知かとは思いますが、ホーホケキョと綺麗に鳴くのは♂だそうですね。しかも自分の縄張りを主張するために鳴いているらしい。一夫多妻制である鶯は、綺麗に大きく鳴くことで餌の多い縄張りを確保し、♀を抱え込んですって。意外だなぁ・・・と思いました。
それと鳴き声の「ホーホケ」までは吸いながら鳴き、「キョ、キョキョキョ」と吐きながら鳴いてるんだって、小話です。
息子も無事に卒園式を迎えました。もっと泣くかなぁと思ってたけど、あっさりしたものです。僕は、泣いた記憶があるんだけど・・・。
引っ越してから1年間、親の同志の付き合いや送り向かいに難儀していた嫁さんも、肩の荷が下りたようでお疲れ様でした。今日もぐっすり休んで下さい。
いろんな事が、前へ進んでいるのに私はどうだろう・・・。
春です・・・。春なんです・・・・。釣りがしたい・・・・・・。
昨年家の事情から、竿を一旦置きました。しかし・・・。
置こうと決めた事は、かなり良い方向へ向かってます。だから・・・。
だから、良いというような問題でも無いような気がします。もう少し考えてみます。

3月31日に、京都・美山川上流の佐々里Fly&Lure特別区が解禁になります。
昨年一度だけ行きまして楽しい思いをさせて頂きました。
典型的な里川で、夏場の渇水さえなんとかなれば大変私の好みの川なんですが・・。
一度皆さんも行かれてはどうですか!!

4月14日・15日には、佐藤成史氏が来られるようです・・。行きたいなぁ。。。
この季節、谷間を吹き抜ける風がきついので心配ですが・・・・。
| ひろぼん | 釣り | 07:42 | comments(2) | trackbacks(0) |
石徹白詣で(改)
釣りに行った当日は、本当に疲れていたのでほとんどヤケクソで書いてしまったので反省しております・・・。
日が経つに釣れ、当日の事を冷静に振り返る事ができてきたので改めようと思いました。

当日は、名神高速のリフレッシュ工事もあったので12時半位に家を出発。京都南が閉鎖中だったので京都東から乗った。のらりくらりで車が工事で止まることは無かったが、結局石徹白のスキー場・駐車場に着いたのは4時半だった。

もう明るかったし、誰もきてなかったので余裕を持ちながら準備をして、いざ入渓!!
先週のお祭り騒ぎを、目に耳にしていたのでかなり期待して始めるが、全く反応無し・・・。確かに先週は増水気味だと聞いていたが、平水に戻っている。
最初のカーブを曲がった後の大岩の裏手で25cmくらいのイワナが釣れたけどその後も反応無し・・・。
釣り上がっていってやっと27cmのイワナを追加。
二股の流れに到着。私の好きな狭くて深い流れを選択する。
ここで、眼下に26〜7cmくらいのイワナを発見。早速アウトリガーに切り替えニンフを流すが、川に張り出した木の真下にいるため、上手くフライを流せずおじゃんに・・・。ここで20cmくらいのイワナを2・3匹ゲット!!
アマゴ園の前まできて、去年尺イワナを釣った場所が気になってここで取りあえず上がる。(先週は、ここより上流で釣れまくったようですが、聞き間違いでスルーしてしまいました。(涙))
バンガロー前まで下って色々試すが、2〜3匹止まり・・・・。
天候は、相変わらず曇り→小雨→晴れという順番でめまぐるしく変わっていきます。

そうこうしている内にお昼になってしまい、取りあえずおにぎりをパクついていると、釣り人が少ないなりにスキー場は飽和してきたので、あまり評判の良くない下流へ向かいました。

堰堤に入り、ドライフライをキャストしているとバクッと魚が出てきたが、ミス・・・・。
「これが、もしかして今日のラストチャンス!?」っと思いながら釣り上がっていくと、やっぱり反応無し・・・・。

なんとか20cmくらいのイワナを一匹釣りましたが、帰りの時間を考えるともう終わらなければなりません・・・・。

しゃーなしに帰る準備をして、スキー場の橋を渡りながらプールを見ると、派手なライズ出まくり・・・・。

う〜〜〜ん。けど、もう無理やなぁ・・・・。また、来年来ます!!と言い残し出発。

ここから工事渋滞にはまり6時間の小旅行でした。

今回は、自分なりにドライに拘らず、いろいろ試せたとは思いました。
ただ、石徹白のハッチの時間帯が、お昼過ぎにずれていて3時前後が一番良かったのではなかろうかと思っています。
リフレッシュ工事さえなければ、もう少し粘れたんですが・・・。

ま、そんな時に釣りに行った私が「お馬鹿さん」何でしょうかね・・・。



| ひろぼん | 釣り | 03:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
石徹白詣で
名神リフレッシュ工事に伴い

通常片道3時間の所を

行きは4時間

帰りは6時間(休憩無)

以上

釣果?

聞くなっ!!!! 
(以前のカンニング竹山風(笑))
| ひろぼん | 釣り | 23:26 | comments(2) | trackbacks(0) |
    
                                                                 
| 1/2 | >>