Archives
Category
Recommend
Selected Entry
Recent Comment
<< パッチギ!! | main | 今日・・・・、 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
怪我の功名
うちの小1の息子には、好きな子がいる。
クラスが一緒で家も近所の子だ。
肉離れをして会社を休んでいた時に、息子と一緒に遊んでいる彼女の存在を、僕は初めて知った。遊んでいる間も、うちのしたの子をずっと気にかけていてくれて、気の良い優しい子だな、と思っていた。
しかも、息子と名前が同じ!!
坂本竜馬好きな僕はすぐさま彼女を「おりょう」と呼ぶ事にした。(息子は、それを聞くたびに変な呼び方と笑っているが・・・)
嫁さんに聞いても、一番良く一緒に帰ってくるで、って言う。

そんな二人が、日曜参観日以降一緒に帰って来なくなったようだ。
気の弱い息子が気になって、前々から僕は誰と遊んだ?嫌な事がなかった?誰と一緒に帰ってきたの?といろいろ聞くのだが、その週から一人で帰ってるというのだ。
おりょうちゃんは?と聞くと、いやって言って一緒に帰ってくれないとの事。
息子は、寂しそうだ・・・・。
でも、その話を聞いて僕はピンっとくる事があった。
日曜参観の時に体育館で遊ぶ時間があったのだが、肉離れをしていた僕は、子供たちと一緒に遊べずに端で見ていた。
一番最初の遊びが始まったとき、調子乗りの息子が興奮して走り出した。
そしてその後ろをおりょうちゃんが走っていた。
笛がなると同時に相手を見つけてタッチしてじゃんけんするゲームだった。
しかし、息子は後ろにおりょうちゃんがいる事に気づかず、別の女の子にタッチ!!
その瞬間、悲しい顔をして走り去って行くおりょうちゃんを僕は目撃していたのだ。
「あほやな、アイツ!!」その時思っていた。そして原因はそれだと思った。

寝る時間のおしゃべりタイムで、僕は息子にその事を話した。話した後、男は黙って謝っておけって言った。
理解できないかな?と思ったが、流石に小1の彼でもわかったようだ。でも後ろにいるなんて思わなかったので、自分が悪くないのに誤るのは嫌だと言う。
理由は、どうであれ彼女の気持ちを汲んで謝れ!!と言っても聞かない。
息子の言い分も間違ってはないので、ほっておいた。

一緒に帰らなくなって一週間経った今日、息子に聞いてみた。
びっくりした!!
謝ったらしい。ごめんねって・・・・。
で、おりょうちゃんは、なんて答えた?と聞くと、
いいえって笑顔で答えてくれたって!!!!

良かったな!!って息子の頭を撫でた。お前もおりょうちゃんもえらいって。
原因は、たぶん当たっていたと思う。

これもすべて、お父さんが肉離れして体育館で一緒に遊ばんと端で見てたからやで。
これをな怪我の功名っていうんや。と言うと、息子の頭から?マークが一杯出てることに気づいた。「どういう意味?」

ここから、ゆっくりと約3分少々怪我の功名について説明・・・。

意味わかった?と聞くと、たとえ話をするのが好きな息子は

わかった、わかった!!肉離れしてるときに電気屋さんのくじ引きで、みんなハズレやったのに、おとうさんだけ3等賞当たったもんな、そういうことやろ!!良かったね!!

だって・・・・・・。




| ひろぼん | 陽だまり | 23:24 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:24 | - | - |
Speak Your Mind...
Comment
息子さん、とっても可愛いですね〜!しかも、お気に入りの女の子と一緒に遊んだり出来るなんて・・・。
きっとひろぼんさんの言うことを聞いたときに、最初は嫌だと思ったんでしょうけど、実際に彼女の様子を見て、話を聞いて自分で理解できた部分があったんでしょうね。

ようするにおりょうちゃんは息子さんの行動にちょっぴり嫉妬しちゃったんですね・・・。
まだ年齢が年齢だけに、かわいいですよね♪

そのまま仲良しさんでずっと大きくなって欲しいですね。思春期になるとなかなかそうもいかなくなるかもしれませんが・・・出来ることなら、そうあって欲しいですね!
| yu-ko | 2007/06/05 10:24 PM |
Comment
yu-koさん、こんばんは!!
幼稚園のときは、なかなか好きな子がいなかったようですが、彼女に関してははっきりと「好き」っていうんですね・・・。
そういう気持ちが、芽生えると僕が小倉優子のことを「ゆうこりん、かわいいな!!」って連呼してると、「お父さんは、ダメ!!お母さんがいるでしょ。」だって・・。
でも、彼には苦悩が・・・・。
また、ブログで紹介します。

| 管理人 | 2007/06/05 10:57 PM |









Trackback URL
http://bonhirobon.jugem.jp/trackback/39
Trackback