Archives
Category
Recommend
Selected Entry
Recent Comment
<< パンドラの箱 | main | 言えない事 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
あふれる熱い涙・・
土曜日に書いたブログの通り、僕は釣りの世界へ復活した。
完全かどうかは分らないが、再度竿を持ちなおした。
昨年の石徹白釣行の帰り、釣果も芳しくなく名神も工事渋滞で、家族に凄い迷惑をかけた。
その時に感じた虚無感。家の事情。子供の気持ち・・・。色々考えて釣りを辞めとこうと思った。
僕は、何かに凝りたい症候群だ。釣りへの思いを断ち切るためにいろんな趣味を転々としていった。しかし、どうもしっくりこない。すぐ飽きてしまう。

僕は、一人没頭するのが好きなようだ。何かを密かに楽しむのがすきなんだ。
こういった事は、子供がいる家では中々時間が取れない。

中途半端に帰ってくると、何時帰ってくるかヤキモキするから行く日は、とことん行って来いって言われた。
「なんだ、そういうもんだったのか・・」僕は、思い違いをしていた。

今回、1日どっぷり釣りをした。独り言を言いまくった。
「ここを、こう流せ!!」「さぁ、食え、食うんだ!!」「せやから釣りはおもろいんや・・」「あぁ、しんど」
釣果があったからかもしれないが、楽しかった。
釣りが楽しかった。
実家の近くに流れる用水路で、毎日のように小鮒やザリガニ、トンボ等いろいろ採った。
友達はたくさんいたが、この時間だけは独りだ。独りで黙々と楽しむんだ!!
この感覚だろう。
子供の頃を思い出した。

初めて体験したイブニングで、大興奮。
わくわくしたが、どっぷり暮れた暗闇は怖かった。それもドキドキした。
帰りに、野うさぎを2回見た。可愛かった。

心に流れる曲は、RCサクセションの「あふれる熱い涙」だった・・・。

| ひろぼん | 釣り | 23:50 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:50 | - | - |
Speak Your Mind...
Comment
夏のイブニング、ぽっかり白い巨大フライを浮かべてライズの音で合わせる
たまりません
ヘッドライトのか細い明かりで暗闇を引き揚げる
大きいのが釣れていればなんでもないけど、そんなのはまれで大抵、獣の声にびくびくしながら小走り
でも、やっぱり行っちゃいますね
最近は家族がなかなか許してくれないですが

釣り中のひとり言が出れば、ばっちり釣りバカに復帰ですね
おめでとうございます、かな
今季はあとちょっとですが、来季に向けて良い釣りができますように
| taro | 2007/09/14 2:11 PM |
Comment
taroさん、こんばんわ!!
恥ずかしい話、今更ですがイブニングがこんな感じとは!!びっくりしました。
ヘッドライト、いったい何処に行ったんだろう!?
デカフライ、絶対巻いておきます!!

本当に独り言は、気持ち良いですね・・・。

あと一回、なんとか釣りに行ければなぁ・・・・・・・。

| ひろぼん | 2007/09/14 9:29 PM |









Trackback URL
http://bonhirobon.jugem.jp/trackback/50
Trackback