Archives
Category
Recommend
Selected Entry
Recent Comment
<< あふれる熱い涙・・ | main | 今シーズンは、如何に!! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
言えない事
昨日は、田宮二郎。
そして、今日は夏目雅子。
短命な俳優・女優の物語がテレビであった。
田宮二郎は、僕が子供の頃自殺された。猟銃で自殺した事が凄く印象的で覚えている。
その死に方が、切望して実現できなかった「華麗なる一族」の万表鉄平と同じ死に方であったと知って、びっくりした。
夏目雅子は、子供ながらに色気は感じなかったが(僕が感じる年でもなかったし)、綺麗な目をした人だなぁっと思っていた。
彼女は、病気で生涯を終えた。
それぞれの人生は、波乱万丈だ。
芸能人だからといって関係ない。たまたまメディアにでてるから紹介されているだけだ。

僕は、今まで真剣に相談できる人に出会った事が無い。
あったとしてもすれ違っていると思う。
そういう点からみれば僕は、「悲しい人」かもしれない。
しかし、自分でわざわざ「悲しい人」になった訳でもなく、幼年期の体験のセイにしたいわけでもない。別にどうなろうが、結局・・・・。みたいなところがあるのかな・・。
結果、こうなっただけなんだ。
だから大概の事には動じないし、よく図太い奴と言われる。
誰にも相談しないからね!!顔にもださないし!!(出し方を知らないか・・)
でもね、かなりストレスなんだ。だからストレス晴らしに食べちゃいます!!
若い時は、それで良かったんだよね・・・。

でもこの年になるとね、流石に何かに頼りたいんだけどね。
これが、誰もいないんだ!!っていうか、もともといないんだけど・・・。
宗教なんて、絶対信じない。何をしてくれる訳も無いでしょう!!
僕が、誰にも相談できずどれだけ悩んでも、何も答えをくれなかったでしょう。
だから、信じない。

でも、神はそうやっていろんな人に耳は傾けるんでしょう。
最期から後の面倒を見てくれるんでしょう。ネ!!
そう思えば、僕はどんな事もにも更に動じない。
嫌な事やどうしようもない事も、僕が墓場まで持って行けば全てが丸く収まるんだから・・・。


| ひろぼん | 葛藤 | 22:23 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:23 | - | - |
Speak Your Mind...
Comment
ひろぼんさん、こんにちわです♪
今日は失礼を承知で書かせていただきますね。

今のひろぼんさんのその考えの始まりは、幼少期の出来事が原因なんですか?そのせいにするわけじゃないとしても、影響を与えているのは確かなんですよね?
もしかして、今諦めというものが定着してませんか?「誰に相談しても、どうせ・・・」って思って諦めてますか?

宗教は私も信じてません。でも、笑われるかもしれませんが「神」というものは、特にこの頃はいるんじゃないかと思いますね。まあ、ただ単にどんな方法をとっても説明のつかない事をそう呼びたいのかもしれませんが。

・・・本当はこのあたりの内容は直メでお話したかったんですが、このあたりで止めておきますね。
(→ここに書くととてつもなく長くなりそうなので。)
| yu-ko | 2007/09/17 11:49 AM |
Comment
yu-koさん、こんにちわ!!
こう言った内容の事をブログに書くのは、どうかなぁと思うのですが、その時の気持ちを書きとめておこうと思ったのです。幼年期と書きましたが、小学校の頃です。
仲の良い友達と思ってる子に、ことごとく嫌な思いをさせられてきました。それは、僕に原因があったかもしれませんが、恐らくそうなんだろうけど、友達とはそういうもんなんだろうと思ってきました。
いろんな葛藤があった高校の時も、自分の独りよがりや、じゃあ逆に自分がどれほど他人のことを思いやられてるかを考えてしまって、全てを納得してきました。
だから、貴女が言われるように諦めているのではありません。かえってそういう人に出会える事に憧れています。
だから、会えるまでは自分で全てを納得できるようにしてるんです。

神については、僕は本当に文章を書くのが下手なので上手く伝わらないかもしれませんが、貴女と同じでいると思います。
現実を打破してくれる神ではなくて、自分の至らなさを聞いてくれる神。そうですね。懺悔してそれを聞いてくれる神父様がそれにあたると思います。
実際、行った事は無いですが、そんな僕の至らなさを何も言わずに頷いてくれる神父様に会いに教会に行きたいと書いた事もあるのです。

話がこんがらがってすみません・・・。
| ひろぼん | 2007/09/17 3:23 PM |









Trackback URL
http://bonhirobon.jugem.jp/trackback/51
Trackback