Archives
Category
Recommend
Selected Entry
Recent Comment
<< フロータント | main | ルーキーズ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
’08石徹白詣
昨日、僕は石徹白に行ってきた。
いろいろとあって、行ける事になったのだ。しかし、夕方には帰ってくる事が前提だった。これは、調整して行かしてくれるようになったのだから、イブニングはしないで早く帰ってくる!!という僕なりのケジメ!!である。

週末が梅雨空ならいつも行く川に決めていたのだが、天気が良すぎたので渇水が目に見えていた。それならいっその事午前中だけと割り切ってでも石徹白へ行こうと思っていたのだ。
同じ渇水なら、万が一でもでかいのが釣れる確率が高いほうが良い。

4時に着くつもりが、草津田上SAに寄った後間違って「新名神」に行ってしまい・・、戻って名神に乗り直したりすると、5時前に着いてしまった。
元来、僕は日曜日の釣りが嫌いだ。次の日が仕事なのに疲れを残してしまうし、この日に釣りに行く人は、まだまだ多いからだ。
スキー場の駐車場を見ると案の定、既に4台停まってる。多いな・・・。
今日はもうスキー場前からの釣りは諦めて、いっきにイノシシ小屋まで下る。
キャンプ場とイノシシ小屋の間にある堰堤から入渓だ。
しかし、寒い。こんなに寒いとはびっくりだ。息が微妙に白い・・・。
魚には、これくらいが良い水温なのか活性は高そうだ。
どうも、ばらしが多いのが気になるが、そこそこ釣れる。平均20cm前後。
そして、あれだけ車があったのに、誰とも会わない。自分のペースで釣り上がれる。心地良い。
キャンプ場下流の橋の下まで釣り上がって来た。
ここは、すれっからしの尺アマゴを橋の上からなんどとなく見る場所だ。
まぁ釣れる事は無いと思いながら、魚道の左側を丹念に攻める。反応無し・・・。
諦めて、右側護岸を攻める。
ちらっとテトラの先で小型のアマゴが見えた。おっ!!やっぱり、いてる!!
絶妙の場所にニンフを流すと、やる気満々のアマゴがニンフに気付き、追っかけるようにフライを銜えるのが見える。どっからどう見ても尺アマゴだ。手ごたえも充分。ただティペットが6Xだったのでちょっと不安だった。
下流に走り出した。すると一転上流へ!!その時、ティペットがテトラの先にひっかかってしまった。あっちゃーって思った瞬間、潜水艦のダッシュは止まらず、プチンってティペットが切れてしまった。あ〜〜〜〜〜。
さらば!!
魚をばらす時ほど自己嫌悪に陥る事は無い。数分落ち込んでいた。気をとり直してもう一度同じ場所を流すと25cmくらいのイワナが釣れた。あまり嬉しくなかった。
(因みにこのイワナ君、簡単にごぼうで抜けました。そうすると先程の尺アマゴは・・。でかい!!)
キャンプ場前に移動して、ゆっくりと釣りあがる。マーカーが変な止まり方をしたので、てっきり十字の溝きりに引っかかったと思い、ぐいっと合わせると釣れていた!!
これも手ごたえ充分!!寄せてくるとスレだと分った。スレだから引きが強いのかと思ったが、いえいえ完璧な尺サイズ。「さっき尺ばらしたのを神様が、可哀そうと思ってスレさせてくれたのだ!!」そう自分に言い聞かせ、スレも釣りだ!!と肯定する。
ロッドが長い分、手繰り寄せるのにかなりロッドを立てていた。もう少しってところでスレで掛かっていたフックが取れてしまった・・・・。目の前を泳ぎ去る尺アマゴ・・・。
さらば!!!
連続で、なんてことだ!!更に傷心気分で、後ろをなにげに振り向くと、小岩のえぐれの所に尺イワナがいた。ヘロヘロって定位してます。
僕との距離2m以内。近すぎる・・・。もう完璧目と目が合ってます。
逃げないので、何回かフライを流しましたが、去って行かれました。
さらば!!

今日は、すごい日でした。数だけならばらしも入れて20は超えてると思います。
この後も泣き尺アマゴを見ました。見ただけですが・・・。
活性の良い日に来れて大変嬉しかった。
けれど、釣れるのはほとんど20cm前後・・。これは、僕の腕なのか25cm前後に成長した魚たちに何かあったのか、悩むところです。
う・うでか・・・・・。

PS:帰りに橋の上から、アマゴを見てみました。橋の上から見てもでっかい尺アマゴが悠々と泳いでいました・・・・。





| ひろぼん | 釣り | 16:51 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 16:51 | - | - |
Speak Your Mind...
Comment
尺ア〜マ〜ゴ〜ど〜こ〜だ〜
手元まで寄せただけでもすごいっす
しかも2匹
本日もチャンスは訪れましたが、丁重に無視されました
しかし渇水でも石徹白はさすがですね
今日はどこも夕方までは散々でしたよ
バラしが多いのはすれてるからです
うではあんまし関係無し、どんまい

| taro | 2008/06/16 11:09 PM |
Comment
どんまい!!何ですが、尺に対応する経験不足は否めません。プロショップの店長からは、管釣りで大きい魚の対応に慣れるのも一つの練習と言われましたが・・・。
石徹白は、面白いなぁ・・。勉強になります。
しかし、片道240kmは遠いな・・。
近くにないかな、こんな川・・・。
| 管理人 | 2008/06/17 9:57 PM |









Trackback URL
http://bonhirobon.jugem.jp/trackback/97
Trackback